メインコンテンツに移動

再生可能エネルギー

この地方は、再生可能な地元エネルギーの生産と使用さらなる前進に取り掛かっており、業界全体がこの地方の住民に、そして明日はフランスに、クリーンで持続可能な代替エネルギーを提供することを推進しています。人口急速増加、消費習慣変化があるこの地方はクリーンエネルギー空間でソリューションを提供する革新的な企業にとって素晴らしい環境です。

ニュースレターを購読する

Expert

Sevinç Ar

Smart City & Cleantech
Expert

4600
ユーロの投資が2030年までに再生可能エネルギーに行われる

37TWH
の再生可能エネルギー2030年までに生産される

 

今日のフランスの電力市場に関するいくつかの事実

  • 電力生産配電かつて国有企業によって運営されていましたこれらの市場2007から競争開放されました。送電システム(オペレーターはRTE)と配電ネットワーク(オペレーターはENEDIS)だけが公営で残っています。
  • フランスは非常に信頼性の高いグリッドをあてにできます長年にわたる継続的電気ネットワークへの投資成果ており、2017顧客1あたりの平均年間停電時間米国4時間にくらべてフランスでは65した。
  • フランスの電気料金もヨーロッパの平均よりも手頃で、KWhあたり約17セント€であるのに対し、2019年のヨーロッパの平均は 21セント€です。

持続可能性を念頭に置いて、パリ地方は化石燃料と原子力への依存を大幅に減らそうとしてしています。 2030年までに、パリ地方は次のことをめざています。

  • 最終的なエネルギー消費量を20%削減する
  • パリ地方で生産される再生可能エネルギーの量を2倍にする
  • エネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの全体的なシェアを3倍にし、その中に再生可能エネルギー40%含むようにする(パリ地方で生産されているかどうかは関係なく)。

 

この野心的な計画は、再生可能で地元のエネルギーの使用を奨励するために、この地方からの4,600万ユーロの投資計画によって裏付けられています。

パリ地方はまた、年間平均で必要なエネルギーのかなりの部分の現地生産をサポートする計画をたてました。以下の投資により、たとえば、2015年にこの地方が消費した合計225TWhのうち、37TWhの生産が可能になります。

太陽エネルギー:6 TWh2015年の太陽エネルギー生産と比較して60倍)

2018年の終わりに、この地方に設置されたソーラーパークは100MWに達しました。 ただし、識別されたこの地方の潜在能力6 GWであり、これは60平方メートルの太陽光発電パネルに相当します。この生産は約100万人の電力消費をカバーするでしょう。

回収エネルギー:5.1 TWhMWIPからの4.2TWhその他からの0.9TWhを含む)

パリ地方には、約20の家庭ごみ処理施設があります。2018年後半の欧州指令は、現在、電気と熱の形で焼却からエネルギーを回収すること義務付けています。これらの既存のテクノロジーは、イノベーションが展開するにつれて近代化され続けることが期待されています。

バイオメタン:5 TWh2017年と比較して30倍)

パリ地方には現在、30のメタン化ユニットがあります。2030年までに生産されると推定されるバイオメタンは、最大240の設備に相当するでしょう

深部地熱エネルギー:3 TWh2015年と比較して3.5倍)

45の施設を持ち、パリ地方は、暖房ネットワークを供給する生産工場の数でヨーロッパ第1地方です。2030年までに20の新しい深部地熱ボアホールの建設が計画されています。

風力:2 TWh2015年と比較して13倍)

今日、パリ地方には30基の風力タービンしかありません。2030年までに、この地方には40の風力発電所に広がる約300の風力タービンを配備する潜在能力があると推定されています

 

社会の変化に刺激された市場

再生可能エネルギーの開発は、公共政策だけでなく、電気自動車の使用の増加などの社会市場の変化によっても促進されています。この地方の人口は着実に増加すると予測されており(そして2025年までに300,000人の住民を数える)、今後数年間で新しいエネルギー需要が出現すると予想されています。 新しい野心的な輸送プロジェクトの開発は、信頼性が高く、持続可能で、地元で生産されたエネルギーに対するニーズの高まりの一部となるでしょう。

フランスのスマートグリッド市場は、2021年までに12億ユーロになると予想されています。電気インフラストラクチャ(機器、センサー、電線、メーターなど)ソフトウェア(データを利用したネットワーク管理と最適化)あるいはデータセキュリティの分野で エネルギーデジタル市場に革新的なオファーをもたらすことができる企業にとって、 パリ地方でつかむことのできる途方もないビジネスチャンスがあります。

フランスの総人口の8%がパリ地方に住んでおり、フランスのGDP30%をみ出し、国の電力消費量の15%を必要としており、パリ地方は実験プロジェクトに最適な環境を提供しています。 革新的なエネルギーソリューションをテストおよび展開している企業は、強力な機能の組み合わせに頼りエネルギープーリングの可能性を高めこともできます

 

パリ地方での成長をサポートするクラスター、インキュベーター、アクセラレーター

Mov’eoは、電気自動車、スマートグリッド充電ステーションインフラストラクチャ、およびモビリティのためのICTに焦点をてたモビリティ自動車のRD競争力ハブです。このクラスターは、メンバー間の共同プロジェクトの開発、業界内の企業、特に中小企業の発展および全面的なイノベーションの振興しています。 もっと詳しく知る。

Systematic Paris Regionは、デジタルB2B複雑システムに焦点をてており、スマートシティ管理に関する強力な専門を持っています。2005設立以来、600スタートアップ中小企業、140企業グループ140学術会員、投資家、地方政府900会員のコミュニティをなしていますもっとしく

Cap Digital Paris Regionは、デジタルとエコロジー変革のためのフランスのハブです。このクラスターは、持続可能な都市を含む6つの主要な活動分野をカバーしています。このセクターは、実験地域実施されたエコロジー転換からデジタル変革および都市計画までのすべてのイノベーションを結集しています このクラスターは、1000以上のメンバー(零細企業/中小企業大手グループ、研究と訓練組織、そしてベンチャー資本を含む)と協力して、彼らの革新的なプロジェクトに必要なサポート、つながり、資金調達を助けますもっと詳しく知る。

CSTB’Lab建築科学技術センター(CSTB)は、建設業界のイノベーションを振興することを主な使命とする公的機関です。CSTB'Labエネルギー、環境パフォーマンス保健そしてアクセシビリティという主要科学的および技術的課題応える新製品サービスの開発奨励するアクセラレーターです もっとしく

i-Labは、エアリキードのイノベーションラボです。グループのしい成長機会検出、テスト、加速するためにユーザー中心のアプローチをじてしい市場開拓することを目的としています。彼らのイノベーション戦略3つの主要なトレンドに焦点てていますエネルギー転換、ヘルスケアそしてデジタル変革。エアリキードは、世界の水素エネルギー経済のリーダーです。 もっと詳しく知る

Agoranovは、ライフサイエンス、エンジニアリング、エネルギーそしてデジタルに関する非常に強力な専門を持つ公共の科学技術インキュベーターです。このインキュベーターは、個別のコーチング、加速プログラム、パリでのすべて完備した設備と広範なネットワークへのアクセスを提供します。このインキュベーターは、そのエコシステムの専門17年の専門知識に基づく信頼の証活用することができます。これまでのところ、Agoranovによってインキュベートされたプロジェクトは、330以上の企業と7,000人の雇用の創出につながりました。また、そのパートナーが7億ユーロ以上の民間資金を調達するのも助けましたもっと詳しく知る

Greentech Verteイニシアチブは、2016年にフランスのエコロジー的連帯的転換省によって開始されました。これは、ポジティブな社会的環境的変化を引き起こしたいと願い省の政策を実行する意欲のあるイノベーターを支援することを目的としています。もっと詳しく知る

パリ地方水素クラブは、ADEME(フランス環境エネルギー管理庁)、フランス水素協会、パリ地方エネルギー気候庁(AREC)と協力して、地方当局によって設立された共同イニシアチブです。このクラブは、地元でのそして再生可能な水素生産、車両用の水素の配給、および水素の一般的なアクセス可能性に関して、地域での水素プロジェクトの展開を加速することを狙っていますもっと詳しく知る。

Leonardは、建設コンセッション契約業界の主要プレーヤーであるVINCIが立ち上げたイノベーションエンティティです。VINCIは、インフラストラクチャと設備を設計、資金調達、構築および管理します。Leonardプラットフォームは、将来の町やインフラストラクチャの先見性のあるシナリオを探索していますもっと詳しく知る。

IGNfabビジネスアクセラレーターは、フランスの国立地理森林情報IGNが提供するジオサービスプロジェクトのアクセラレーターです。このアクセラレーターは、環境、土地利用計画、都市計画、農業、林業、エネルギー、輸送、国防そして安全の分野で土地の描写と位置情報を使用し革新的なジオサービス製品とサービスを開発する中小企業やスタートアップを助けています。もっと詳しく知る。

EVOLEN’UPは、EVOLENによって2019年に立ち上げられたエネルギーセクターのアクセラレーター現在のエネルギーの課題に対処するための新しいソリューションを研究およびサポートすることを使命としていますきるだけ多くの人々可能な限り安全な方法で、手頃な価格で信頼性が高くクリーンなエネルギー(進歩のベクトル)を利用できるようにしようとしています。もっと詳しく知る。

The Smart Energy Allianceは、エネルギー、デジタル、モビリティの分野に関する11のフランスの競争力クラスターを結集して、エネルギー転換とデジタル変革の課題に対処します。The Smart Energy Allianceは、1,500の中小企業を含む2,200の関係者と、2,500以上のプロジェクトを数え、全体の予算は90億ユーロです。パリ地方の3つのクラスターがこの同盟に入っていますSystematic, Mov’eoそしてCap Digitalもっと詳しく知る。

Think Smartgridsは、フランスおよび世界中でスマートグリッドを推進している全国的な協会です。この協会はその活動と支援を通じて、2020年までにフランスで2万人の雇用創出を望んでいます。60億ユーロの収入があり、その50%は輸出によるもので、世界市場は600億ユーロの価値があると推定されています。もっと詳しく知る。

 

パリ地方のエネルギーイベント

Energy Time Paris 、パリ、11月、エネルギー管理と、パフォーマンスに捧げられた新しいテクノロジーとサービスのための毎年恒例のイベントです。 Energy Time展示会では、自分の組織に経済的で持続可能な未来を創造したいと考えている企業やコミュニティのあらゆるエネルギーの運営者に会うことができます。もっと詳しく知る

Smartgrid & Smartcity、パリ、3、は企業、地域自治体とこの地方の意思決定者向けに設計された2日間のイベントです。その使命は、建物、都市、および地域で利用できる新しいテクノロジーと持続可能なコネクティッド・スマートシティソリューションを識別できるようにすることです。これは、(企業、地域自治体とこの地方の意思決定者から)実際の事例に基づいた証言、会議、討論、およびワークショップを通じて、都市が直面する問題と課題について話し合う機会です。 もっと詳しく知る

Smart Energies Expo Parisパリ6月、はエネルギー転換やスマートグリッドソリューションなどの話題をカバーする2日間のイベントです。もっと詳しく知る