メインコンテンツに移動

パリ地方の約束 持続可能なモビリティ

パリ地方の約束 持続可能なモビリティ

2020年9月16日と17日、パリのサンウアンで最初の地方気候会議が開催され、2つの主要分野に焦点があてられました。まず、パリ地方が直面する最大の環境問題の識別、次に、いくつかの特定の実績のあるソリューションの開発です。この地方内のモビリティを改善する一層大きな戦略的計画が必要だと合意されました。既存の持続可能な輸送の量の改善と増加や従来の化石燃料の使用に代わる100%グリーンな代替手段の開発のような多くの解決策が提案されました。

より具体的に、これはパリ地方のe-モビリティグリーン企業にとって何を意味するのでしょうか

 

もっとグリーンなメトロ

2030年までに、マルチモダリティを促進するために市内中心部と郊外の両方のすべての鉄道駅と地下鉄駅、そして学校で、駐輪と保管を行う予定です。環境に配慮した自動車を購入するための無料登録と補助金に加えて、12,000台の公共充電ステーションが設置され、使用が促進されます。最も蝕まれている20の駅への汚染削減技術の導入と、すべての路線の自動化で、メトロは大幅な改善を経験するでしょう。さらに、すべてのメトロ路線に回生ブレーキシステムとパッシブベンチレーションが装備されます。このイノベーションと創造性は、グリーンテクノロジーとeモビリティへの多額の投資と相まって、これらのセクターの企業がパリ地方こそ成長するのに理想的な場所だと見いだすことを保証します。

カーボンフリー輸送への切り替え

e-モビリティに焦点をあてたイノベーションとともに、航空機用のバイオ燃料や合成燃料の開発、ロワシー空港やオルリー空港をゼロカーボン空港にすることなど、多くのソリューションが提案されました。パリ地方では、電気道路や自動運転シャトルなど、多くのソリューションを実験しています。同様に、水素ベースのモビリティが、100台のバスに燃料を供給するバス車庫の計画や、持続可能な水上モビリティを可能にするために川沿いに充填ドックを備えてセーヌ川を水素回廊にする計画で、ますます重要な役割を果たすことが期待されています。

持続可能なソリューションとe-モビリティに焦点をあてたすべてのビジネスが利用できる資金で、パリ地方は繁栄することができます。

どのようにChoose Paris Regionはあなたを助けることができるのか

要約すると、パリ地方は、再生可能資源に目を向け、より責任ある成長を促進し、地域にプラスの影響を与えるプロジェクトを支援することで、持続可能性を次のレベルに引き上げています。2024年のオリンピックとパラリンピックの見通しは、外国企業と投資家がこの地方でソリューションを試すための特別な機会を提供し、Choose Paris Regionは、拡張計画のすべての段階で彼らを支援します。

パリ地方での機会についてもっと知りたければ、2020年11月4日から5日に開催されるオンラインのAutonomyイベントに参加してください。

最新ニュース