メインコンテンツに移動

ディープテックの有望な未来 パリ地方で

ディープテックの有望な未来 パリ地方で

人工知能やロボット工学から量子コンピューティングまで、ディープテックの世界は過去10年間で急速に発展してきました。ハイテクエンジニアリングによって科学の進歩をイノベーションに変えることで、ディープテックは大きな進歩を遂げました、とくに新型コロナCOVID-19の影響についても。これは、パンデミックとの戦いに革新的なソリューションで貢献するにあたって信じられないほどの敏捷性と能力を示したパリ地方のディープテックの関係者に広くあてはまります。なぜパリ地方がディープテックの真のハブになっているのかという多くの理由を概観してみましょう。

イノベーションを主導する地方

パリ地方は、トップランクのハイテク・クラスター、研究センターとトップリーグの大学で賑わう無敵で多様な経済によって毎年何百ものディープテック企業を引きつけています。しかしまた関係性-オープンイノベーション、戦略的パートナーシップ、買収-の密度と質によっても多くのディープテック関係者がパリ地方に「群がる」のです。IRT SystemXInriaのような無敵の研究所や競争力クラスターは、協働的枠組みと技量のプールの恩恵を受ける完璧な場所として投資家から日常的に指摘されています。公的研究も学術的に優れており、パリ・サクレー大学はパリ地方の発達したエコシステムの成熟度がさらに高まっていることを示す非常に良い例です。

さらに、航空、自動車、化学、エネルギー、生命科学におけるこの地方の歴史的で堅固な産業背景は、ディープテック企業がすでにそれらの上に築かれた完璧なエコシステムを手中に収めているということを意味します。

最先端技術の完璧な試験場

パリ地方のもう1つの明確な資産は、ヨーロッパの中心部という理想的な立地です。企業が新しいアイデアや最先端のテクノロジーを試すことができるだけでなく、5億人以上の消費者市場へのアクセスももっています。これは、クラウドアプリケーションのための監視およびセキュリティプラットフォームであるDatadogのようなこの分野をリードする企業が、なぜパリ地方で拡大するまでに時間がかからなかったかを説明しています。彼らは、ソリューションをテストし、市場で最も競争力のある人材を採用し、成長し、繁栄するためにパリ地方を選びました。

利用可能なサポートと資金

ディープテックで事業を行っている多くの企業はまた利用可能な資金上運営上のサポートのためにパリ地方を選びました。これは、フランスが「フランス復興」と称する1,000億ユーロの刺激策を開始した今、とくにあてはまります。実際のところ、この国のデジタル化に向けた16億ユーロ、フランス全土での高速インターネット供給に向けた5,000億ユーロの投資などで、この計画はデジタル化に大きく焦点をあてています。さらに2年間にわたる産業の生産に関する税の削減による200億ユーロを含む350億ユーロが産業の競争力とイノベーションの向上に向けられます。パリ地方に拠点を置くディープテック企業は、まちがいなくこれらの投資から最初に利益を得るでしょう。

ディープテックの輝く未来

ディープテック企業の将来は輝いて見え、現在の状況にもかかわらず、多くのディープテック企業は成熟し、規模を拡大しています。他のヨーロッパの首都よりも容易に利用できるVC資金の利用可能性が助けとなってディープテック・セクターは今後数年間で数10億ユーロの投資の恩恵を得られるでしょう。これが示しているのは、パリ地方のディープテック・エコシステムは、ビジネス志向で独自の技術的専門性を持つ新世代の起業家がベースになっているということです。 Element AIを例にとってみましょう。3年かからずに、このカナダの会社は、シリーズBラウンドの資金調達で1億5,000万米ドル以上を調達し、パリ地方に拡張し大規模なパートナーシップを構築し、それによってヨーロッパでの足跡を広げてきました。

Choose Paris Regionは、これらの企業を適切なパートナーに結びつけ、可視性を与え、大企業に紹介し、地方および国のインセンティブの恩恵を得られるようにすることで、この方程式の中で役割を演じました。

最新ニュース