メインコンテンツに移動

「Migo」にパリ地方であなたの道を拓く助けになってもらいましょう!

 Migo にパリ地方であなたの道を拓く助けになってもらいましょう

立ち上げのために「前向き」で、多様で独特な都市を探したとき、パリ地方は Migoの第1の選択でした。この地方のモビリティに対する前向きな姿勢、ビジネスエコシステムそしてヘルスケアは、Migoがここでアプリをリリースすることを選んだ多くの理由の一部です。Choose Paris Regionがパリ地方でどのようにMigoが多くの繋がりをつくり、真に繁栄するのを助けたのかをご覧ください。

MIGOについて少し教えてください

私達は、北米で最初のマルチモーダル・モビリティ・アプリとして、4年前にシアトルでMigoを設立しました。 当時、複数のタクシー会社が新しいライドシェア会社と競争しようとしており、駐輪型非駐輪型自転車が出現し始め、カーシェアリングは急速に成長していましたが、ほぼすべての都市に異なるプロバイダーがありました。そこで何があるのか、何が新しいのかを知り、価格、ピックアップ時間、ルートを比較するのに役立つアプリは、住民と観光客の両方にとって興味深いものでした。私達はスペイン語の「Amigo」の短縮形として「MIGO」という言葉が好きで、Migoが友達であり、どこにいても移動するための最良の方法を見つけるのに役立つということを伝えます。また、英語では「Mee-Go」または「I-go」と発音されるので、名前は楽しい言葉遊びになりました。

私たちは北米での最初の数年間でとても急速に成長し、すぐに、人々が価格だけではなく、信頼性、利便性と安全性によってどの乗り物を選ぶかについて決定を下しており、多くの人々が乗車を必要とする瞬間に、明確かつ簡潔な方法で重要な情報を彼らに与えたならば、「彼らが知っていること」への固執願望を克服するということがわかりました。

また、モビリティ、環境、公共交通機関、保健、交通の公平性の明確な優先順位とともに都市に強力なパートナーがいることがMaaSの成功の重要な要素であることに早くから気づき、最も前向きな都市に焦点をあてようとしました。れに関してシアトルは私たちが立ち上げるのに完璧な「最初の都市」でした。なぜならば、北米市場でシアトルは前向きに考えるモビリティポリシーのリーダーであるからです。LOMモビリティ法とともにフランス全般、そしてとくにパリ地方。

パリ地方に進出したきっかけは何ですか?また、Choose Paris Regionからどのような支援を受けましたか?

当初から私達は世界中で事業を展開する企業として考え、行動したかったのです。なぜならば、モビリティは世界中で変化しており、居住者や旅行者に優れたモビリティソリューションを提供できると考えていたからです。しかし、その文脈でさえ、フランスはつねにMigoにとって特別でした。 私達の初期の投資家の1人はここパリとリールに拠点を置くVia-IDであり、私達のCTOのシャンはパリで育ちました。そのため、フランスとくにパリは私たちにとって重要でした。パリは、モビリティ、環境、市民や観光客の健康についての前向きな考え方でこの地方のリーダーであり、Migoを立ち上げるのに素晴らしい場所です。パリはまた、世界で最も古く、最も包括的なメトロシステムの1つを備えているというだけでなく多様な近代的なサービスも取り入れているという点でユニークです。

もちろん、パリを評価することとビジネスとして運営することには大きな違いがありますが、Choose Paris Regionは、ここでどのようにスタートしたらいいのかを私達に理解させてくれ、成功するため関係を築き、人々を見つけるのを助けてくれましたChoose Paris Region市とIle-de-France MobiliteVia-IDや独自のネットワークでは知らなかった多数のプロバイダーと結びつくのを助けてくれました。

パリで、新しいバージョンのアプリを開発し、リリースしてすでに25000人以上がダウンロードしています。この成功をどのように説明しますか?

私達は、この分野で真面目な会社だと見られるようにするために、しばらくの間これに取り組んできました。2019年10月のAutonomyモビリティ会議でここパリでのパートナーシップの構築を開始し2020年1月にはユーザーとのMigoのテストを開始しました。私達はMigoのパフォーマンスとユーザーがMaaS検出アプリに求めるものについてユーザーから重要なフィードバックを受け取りました。フィードバックをこのバージョンのMigoに組み込むために時間をかけ、おっしゃるように、最初にパリでリリースしています。

当初は2020年3月下旬にMigoをリリースしたいと思っていましたが、新型コロナCovid-19で非常に困難な時期でした。ただし、ベータテスターが引き続きフィードバックを提供していたため、6月下旬にはMigoをより多くのユーザーに公開し始める自信がありました。 6月以降、フランスでは25.000人以上がMigoをダウンロードしており、そのほとんどがパリ地方で、その半数以上がユーザーから他ユーザーへの口伝えからです。

この新しいバージョンのMigoは、推定ピックアップ時間の信頼性のような顧客が期待する分野の詳細なパフォーマンスデータや、新型コロナCovid-19の実行されている正確な保健安全対策を提供して、プロバイダーとの間で少々差別化ができMaaSアプリの中でもユニークです。今後数か月でこの情報を拡大していきますが、すでにパリの住民にMaaSスペースで何か新しく非常に役立つものを示すことができると思います。

新型コロナ Covid-19はあなたのビジネスにどのような影響(良い点と悪い点)を与えましたか?

最大の影響は、リリースを3月から現在まで延期しなければならなかったことですが、後から考えると、これによってMigoをさらに優れた製品にするために、6月以来より多くのテスト、フィードバックの収集、ユーザーベースを静かに拡大することが可能になりました。10月の夜間外出禁止令が発効して以来、乗車回数と乗車時間の両方が急激に減少しましたが、3月ほど深刻ではありません。

新型コロナCOVID中そして今ロックダウンが緩和している間の、パリのモビリティパターン/トレンドの進化はあなたにとっていかがですか?

私たちの新しいユーザーの多くが、新型コロナCOVID中であっても、まずMigoで公共交通機関をチェックしているのを見て驚きました。これは、米国ではほとんど起こりません(もちろん多くの理由がありますが)。このことは私達を公共交通機関の製品を改善するために一生懸命努力することに導きました。これは今日でもすでに良いのですが、11月には素晴らしいものになります!

見るべき最も興味深い、そして非常に良く物語っている効果は、おそらく、タクシーやハイヤーに対してスクーターや自転車を見つけるためにMigoを使用する人々の割合が、6月21日(春の新型コロナCOVIDの時期にロックダウンが緩和されたとき)にそして再び9月の最後の数日間にどのように急激に変化したかでした。人々の行動は一夜にして本当に変わったようでした!

パリ地方のモビリティを3つの言葉で説明してください。

多様、モダン、エキサイティング!

最新ニュース